共働きの家計管理パターン5選!結婚後も貯金ができない家計のパターンとは?

結婚 家計 共働き

こんにちは!夫婦でマネー学管理人の旦那(@jpTechup)です!

今回は、共働き夫婦の家計管理についてです。

共働き夫婦のみなさん、お金の管理うまくやれてますかー!?共働きは収入は増える一方、家計管理が難しいですよね〜。

二人で住み始めたらもっとお金が貯まると思っていたのに、気づいたら1年立っても全然貯まってない、なんて事ありませんか?

二人暮らしになって家計簿つけて頑張ろうとしたけど、未だに毎月の支出額を正確に把握できてない、なんて家庭も多いのではないでしょうか?

レシート集めて項目ごとに分けたり、共通財布作ったり色々苦労している(そしてメンドくさくなって適当になる、,) 人も多いのではないでしょうか?

二人暮らしの家計管理って、食料品など日々の支出や固定費の担当、支払い方法(現金?口座引き落とし?カード?)や貯金計画などなど、考え始めるとキリがないですよね〜。

そこで今回は、共働き家庭の家計管理パターンの紹介と、貯金がグングン貯まる筆者オススメの家計管理術をまとめました。

筆者は、家計管理を「人生を豊かにする資産設計を行うための強力なツール」だと考えています。

家計管理がうまく回っていると、資産形成がカンタンになり将来への不安が消え、やりたいことを我慢せず暮らせるようになると考えています。

ぜひ参考にしてみてください!

この記事でわかること

  • 共働き夫婦の家計パターン5選
  • 貯金がたまる家計の特徴とは?
  • オススメ家計管理術の紹介
こんな人にオススメ

  • 共働きだが、将来のお金が不安な人
  • 二人暮らしの家計簿管理に挫折したことがある人
  • 貯金がなかなか貯まらない人

コチラもあわせてチェック(↓)
おすすめ「ネット副業で月収10万を稼ぐメソッド」5つのステップ
おすすめ副業ブログはサラリーマンも稼げる!オススメする理由を解説します

共働き夫婦の家計管理パターン5とメリットデメリット

結婚 家計 共働き  共働き夫婦によくある家計管理パターン

世の中の共働き家庭は実際どのように家計管理をしているのでしょう?

まずは、一般的に多いとされる家計管理パターンを5つ紹介したいと思います。

別々財布・支出項目で役割分担

メリット お金のプライバシーを保てる
デメリット 貯金が各々任せになるので貯まりにくい
オススメ度

夫婦それぞれで別々の口座(財布)を持ち、支出項目で役割分担をするパターンです。

収入が多い旦那の方が家賃+固定費を払い、収入が少ない奥さんの方が食費 + 生活雑貨などを払う。といったパターンが典型的かなと思います。

一番のメリットは、お互いお金のプライバシーを保てることです。それぞれが稼いだ給料のうち、担当項目の支払い意外は全て自分のお金になるので、自由にお金が使えますし、何につかったかも相手にはわかりません。

デメリットは、貯金がお互い任せなので貯まりづらい上に家庭全体でいくら貯まっているのかが分からない点です。

経済的な自由を得られるので自由を謳歌したい共働き家庭にはオススメかもしれませんが、資産形成の観点ではオススメできません。

POINT共通の貯蓄口座が存在しないため、貯金がしづらく資産形成にはオススメできない。

別々財布・片方が生活費全般を負担

メリット 管理がカンタン
デメリット 片方の負担が大きい
オススメ度

夫婦どちらかが支払い全てを負担しているパターンです。

夫婦どちらかが働けない家庭事情だったり、収入に極端な差がある夫婦の場合このパターンが多いのではないでしょうか?

メリットは家計管理が非常にシンプルになることです。しかし、当然支払い担当側の負担が大きく、互いに納得していなければ不満が出やすいです。

また、片方の収入では生活費をまかなえない場合が出てきたり、使えるお金が少なくなってしまったりする点が大きなデメリットです。

POINT不平等感が大きく、また片方の収入で家計を支えられなくなると破綻するので環境の変化に弱い

別々財布・共有の貯蓄口座へお金を振り込む

メリット お金のプライバシーを守りつつ貯蓄が行いやすい
デメリット 家庭全体での支出把握が難しく、どこで無駄遣いしてるかは把握できない。
オススメ度

支払い担当はそれぞれ項目別にわけ、貯蓄だけ共通の財布にお互いが一定額を毎月振り込むパターンです。

天引きでそれぞれが貯金口座へ積み立てられれば毎月コツコツとお金を貯められるので、前述のパターンと比較し貯金がたまりやすくなります。

その一方で、家計全体での支出が可視化しづらいという課題もあります。それぞれが支出額をコントロールして「各自の口座に残すお金」と「お金の使い道」を適切に整えておかないと、自分の口座のお金が足りなくなって貯蓄用口座のお金を切り崩してしまったりといった事になりかねません。

コツとしては、1:貯金口座へ天引きで振り込む。2:貯金口座のお金には手をつけない。この2つのルールを徹底していればうまく家計管理が回るでしょう。

POINT天引き貯金 + 貯金口座へ手をつけない事が徹底できていれば貯金はたまりやすい。支出のコントロールが課題

別々財布・共有の生活費口座・貯蓄用口座へお金を振り込む

メリット 支出項目が仕分けしやすく無駄遣いを発見しやすい
デメリット 共通口座の管理する側の負担が大きい。
オススメ度

共通の貯蓄用口座へ一定額を振り込みつつ、夫婦で使うお金も共通のf生活費口座へ振り込んで管理するパターンです。

生活費口座から夫婦生活にまつわるお金が全て出て行くので、家計簿アプリ等と連携すれば支出項目の把握ががしやすいです。

結果、無駄遣いしている支出項目が発見しやすく、貯蓄体質な家計をつくりやすいといったメリットがあります。

その一方で、月々の支出額がコントロールできていないと、共有口座へ振り込んだお金で足らなくなった分をどちらが担当するかで揉める事があります。

また、共有口座の管理をする夫(妻)に家計管理が任せっきりになって負担が集中するといったデメリットもあります。

POINT貯金もしやすく、支出項目の把握もカンタン。ただし、家計管理が夫婦どちらかの負担になるというデメリットも

共有財布(口座)に互いの給料を振り込む・共有の貯蓄用口座へお金を振り込む

メリット 貯金もたまりやすく、支出把握もカンタンなので資産形成が容易
デメリット おこづかいのプライバシーが無い。口座や支出管理する側の負担が大きい
オススメ度

夫婦の口座を完全に一つに統合し、二人の給料振り込み先も一つにする方法です。

一番のメリットは、全ての家計が一つの口座経由で行われるので支出の管理がしやすく、貯蓄計画を立てやすいです。

別途、共通の貯金専用口座を作成して天引き貯金するようになれば家計管理としては盤石といえます。

デメリットとしては、共有口座の管理をする夫(妻)に家計管理が任せっきりになり負担になりやすい事。また、おたがいの小遣いが筒抜けのため、ストレスを感じる場合もあるかもしれません。

また、そもそも銀行口座は必ず夫婦どちらかの名義で作る必要があります。会社によっては、給料の振込先は自分名義の口座じゃないとダメなケース多いので、給料口座を夫婦共通にするのが難しい場合もあります。

POINT貯金も貯まりやすく支出もコントロールしやすい。そのぶんお金のプライバシーが無いためストレスに感じることも

貯金がたまる家計の特徴とは?

では次に、貯金がうまくいっている夫婦の家計管理の特徴を解説します。

貯金上手な夫婦の特徴とは?

  • 毎月の貯蓄額を決め、天引きしている
  • お互いの収入・貯金額を把握している
  • お金の流れを見える化している

月々の貯蓄額を決めて給与から天引きしている。

給料が入ると同時に一定額を天引き貯金している家庭は貯金がたまりやすいです。

子どものいない共働き夫婦の場合、手取り月収の20%程度を目安にすると良いでしょう。

また、絶対に給与口座から天引きするようにしましょう。そして貯金したお金はないものとして、残ったお金で生活する習慣をつけましょう。

POINT自動的に貯金する仕組みが大事。貯金したお金はないものとして生活する癖をつけること

お互いの収入・貯金額を把握している

結婚後も共働きの家庭だと、お互い生活費をなんとなく出し合って生活していることも多いのではないでしょうか?

お互いの収入や貯金を把握してなくても生活は成り立つかもしれませんが、これは危険です。

お互いの収入を把握していないと、家賃を始めとした支出が適正なのか判断がつきませんし、将来に向けた貯金計画も立てられません。

特に男性で収入に自信がない場合、パートナーと相談しづらいでしょうが、結婚したら(できればその前から)互いのお金の現状について確認することをオススメします。

* 貯金額や家賃などは家庭全体の収入に対する割合で決めるのがオススメです。

POINT給料や貯金額はお互いに把握しておくべし。将来に向けた資産形成や、支出額が適正かがわからないため

お金の流れを見える化している。

家庭全体での収入・支出・貯金額が可視化されている家庭はお金がたまりやすいです。

なぜなら、お金の流れが見える化されていれば無駄遣いも見つけやすいですし、貯金が溜まっていなければ危機感を感じるはずです(笑)

まずは、二人合わせた家計全体での1:収入総額、2:貯金総額、3:支出総額を毎月ごとに把握しましょう。(共働きだと、支出額を正確に把握することが意外と難しかったりします)。

ポイントは、「二人の家計全体で収支を考えること」です。二人で稼いだお金に対し、いくらつかっていくら貯められたのかを把握しましょう。

その次に、支出額のうち固定費と変動費にどれだけかかっているのかを把握し、無駄な支出を削っていくのがよいでしょう。

また、収入はサラリーマンとして同じ会社で働いている限りそう簡単には上がらないので、今後の人生を見据えどのように収入を増やしていくのか夫婦で話せると理想です。

(*例えば、今の仕事を続けでも給料が上がる見込みがないのであれば、転職を検討する、副業を始めるなど。家計が可視化されてる前提であれば、転職や副業に関してもお互いスムーズに話ができるはずです)

POINTまずは家計全体で1:収入総額、2:支出総額、3:貯金総額を月々把握できる状態を目指す。次に、支出を固定費と変動費で分類し、無駄な固定費を減らしていくとよい

オススメ家計管理術の紹介

では最後に、我が家が実践している共働き向け貯金・家計管理術を紹介します。

家計 全体図

夫婦生活に関わるお金の流れを全て1つの口座で管理。この口座を起点に全ての振込、貯蓄などの資金移動を行っています。

夫婦それぞれの住信SBIネット銀行口座を作り、給料日に自動振込をすることで一つの口座にお金を集約しています。

この管理術のキモは、家計管理を一つの口座へ集約しつつ、おこづかいのプライバシーを確保していることです。
では、この家計管理術のメリットを一つづつ説明します。

ポイント

  • 家計管理を一本化してお金の流れを追いやすく
  • 天引き貯金貯金しやすくなる
  • おこづかい口座でプライバシーを保つ

家計管理を完全に一本化できる

夫婦で共通口座を作り家計を一本化する最大のメリットは、家庭全体の収入を把握できることです。つまり、夫婦全体で今月赤字黒字なのかを把握できます(共働きだとこれが一番難しい!)

また、この共通口座を住信SBIネット銀行などのネット銀行で作成しておけば、自動振込が無料かつネットで設定できるので振込管理も楽チンです。家賃の振込などは我が家ではこの共通口座から自動振込にしています。

そして、楽天家族カードなど夫婦用クレジットカードも別途作成しておき、引き落とし先をこの共通口座にしておけば、夫婦に関する全支出が共通口座から出て行くようになり管理が楽になります。

楽天家族カード 家計

我が家の場合、光熱費やインターネット費用、家で使う各種ペーパーや洗剤、食材費、そして二人で出かけた際の外食費などを全てこの夫婦用クレジットカードで引き落としています。

さらにさらに!この口座を家計簿アプリ「マネーフォワード」と連携しておけば、夫婦に関する全ての収支を自動で仕分け可能になります。

これにより、どこで多くお金をつかているのかが一目瞭然となり無駄遣い対策をしやすくなります。

マネーフォワード 家計管理

POINT夫婦に関するお金の出入り口を一本化すれば、家計全体の流れが管理しやすくなる

貯金しやすくなる

家計管理を夫婦共通口座にしておくと、貯金しやすくなります。なぜなら、自動天引きがしやすいからです。

また、夫婦全体の収入がわかっていれば、月々いくら貯められるかも判断しやすくなります。

我が家の場合、夫婦合わせた全手取り収入の25%を貯金に回すようにしてます。

そのうち約半分を投資信託へ、残り半分をマンション頭金などの現預金として積み立てています。

投資信託はWealthNavi(ウェルスナビ)というAIによる全自動の資産運用システムサービスを利用しています。

ウェルスナビ
住信SBIネット銀行からだと自動積み立てが可能なので、ウェルスナビの口座を開設後、毎月の引き落とし金額を決めておけば自動で共通口座から投資信託へと積み立てが可能です。

WealthNavi(ウェルスナビ)

また、WealthNavi(ウェルスナビ)も家計簿アプリ「マネーフォワード」で連携可能なので、投資信託も含めた家計の資産全体を可視化することが可能です。

マネーフォワード 家計

マンション頭金などの現預金は、住信SBIネット銀行の目的別口座という仕組みを利用しています。

目的別口座は、目的に合わせた資産形成をするための預金専用口座で、目標期間や目標金額を設定できる貯金箱のような口座です。現金の貯金は全てこの目的別口座へ振替をして管理しています。

家計簿アプリで支出だけでなく貯蓄(現金・投資信託)の積み上がりも全て可視化できるので、毎月溜まっていく資産を見ながらニヤニヤできます(笑)

POINT共通口座から毎月一定の割合を天引き貯金に回すのがオススメ。住信SBIネット銀行からWealthNavi(ウェルスナビ)SBI証券の投資信託への自動天引き、および目的別口座への振替がオススメ

おこづかい口座でプライバシーを保てる

共通の財布を持つことのデメリットとして、それぞれのお金のプライバシー問題があります。

「趣味のお金は口に出されたくない」、「何に使っているか知られたくない」。こんな不安を持つのではないでしょうか?

我が家では、おこづかい専用口座を夫婦それぞれ別に用意し、共通口座から一定額を自動で振り込む形にすることでプライバシー問題を解決しています。

この形のメリットは、共通財布で家計を一本化しつつ、夫婦それぞれのおこづかいは用意しプライバシーを確保している点です。

おこずかい口座に振り込まれたお金は夫婦で特に公開しておらず、それぞれ何に使っているのかお互いに知りません。

まとめ

では最後に、今回の記事で学んだことを振り返ります。

この記事でわかったこと

  • 共働き夫婦の家計パターン5選
  • 貯金がたまる家計の特徴とは?
  • オススメ家計管理術の紹介
著者のオススメ

  • 夫婦共通の別々の財布はお金が貯まりづらい
  • 貯金上手な夫婦は貯金の天引き + お金の見える化をしている
  • ネット銀行をフル活用した家計管理ならおこづかいのプライバシーを守りつつ貯まりやすい家計体質になれる
旦那
まずは夫婦でお金についてしっかり話し合うことが全ての第一歩だよ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アフィリエイト用ワードプレステーマにSTORK(ストーク)をオススメする理由を徹底解説します

2018.01.21

ワードプレスでアフィリエイトを始める3つのステップ【超初心者向け】

2018.01.15










結婚 家計 共働き

周りの人にも教えてあげよう!


サラリーマンも副業で不労所得!!

サラリーマンでもブログアフィリエイトなら不労所得を得るのは夢じゃない!

半自動化された仕組みを作って月10万円の不労所得を目指そう!