ビジネスを考える上で大事なたった一つの方程式とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
方程式1

こんにちは!
ネットビジネスで月収+100万を目指してる管理人です。

今回は、ビジネスにおける売り上げと利益の違いを説明した上で、全てのビジネスを考える上で重要な方程式について説明します。

ビジネスで大事なたった一つの方程式とは

副業はビジネスです。ビジネスと聞くと難しく感じるかもしれませんが、実は考え方はごくシンプルです。ビジネスを考える上で大事なのは、以下の方程式で物事を考えることです。

利益 = 売り上げ – 費用

方程式2

単純な例だと、80万円で買った宝石が100万円で売れたとしたら、売り上げは100万円、費用は80万円。あなたの手元にのこる利益は20万円となります。この方程式はどんなビジネスをする場合でも同じです。今回の記事でお伝えしたいことは、ビジネスを考える上で大事なのは、売り上げではなく利益を増やすことだという事です。

利益を増やすためには

成長1

では、利益(あなたの手元に入るお金)を増やすにはどうすればよいのでしょう。これも、中身を分解していくと以外とシンプルです。利益を増やすには、以下2つを両方意識する必要があります。

  • 1:売り上げを増やす
  • 2:費用を減らす

では、それぞれをさらに掘り下げてみましょう。

売り上げの構成要素とは

構成要素1

ビジネスでいう売り上げという単語をさらに分解していくと、3つの要素に分解できます。

売り上げ = 客数 x 客単価 x 購入回数

つまり、1:なるべく沢山の人に 2:なるべく高い物を 3:なるべく頻繁に買ってもらう。これが売り上げを増やす基本です。

客数

行列1

そのままですが、なるべく沢山の人に買ってもらう事です。同じ商品を販売している店舗AとBがあったとして、AよりBに沢山お客がきているのだとすれば、Bのお店の方が売り上げが高いのは当たり前ですよね。後述しますが、大事なのはコストをかけずに沢山のお客さんに来てもらう事です。

客単価

単価1

お客一人あたりの売上高の事です。お店Aは商品Aを1つ1000円で販売、お店Bは商品Bを1つ2000円で売っているとして、それぞれの客数(商品販売数)が同じだとしたら、Bの方が売り上げは2倍になります。客単価が低いと、沢山お客がお店に来てくれても売り上げに繋がらない。いわゆる薄利多売状態になります。

購入回数

リピート1

リピート率とも言い換えられます。一度買ってくれたお客さんに2回、3回と商品を買ってもらえればそれだけ売り上げは増えます。

コストの構成要素とは

cost1

コストに関してはいくつか考え方がありますが、著者は以下4つを常に考えるようにしています。

コスト = 製造費(仕入れ単価) + 輸送費 + 固定費 + 集客費

製造費(仕入れ単価)

cost_1

製造費(仕入れ単価)とは、売る商品を作るのにかかるお金、もしくは売る商品を仕入れるためにかかるお金のことです。宝石の販売の例で考えると、宝石の材料となる原石の値段が安くなれば製造費は安くなりますよね?また、原石の加工を人件費の安い国で作れば、それだけ製造にかかるコストも安くなります。最終的に販売する価格が同じだとすれば、製造費(仕入れ単価)が安くなればそれだけ利益は大きくなります(=販売後に手元に残るお金は多くなる)。

維持費

running-cost1

維持費とは、ビジネスを継続するためにかかるお金のことです。例えば実店舗を構えて宝石を売るより、インターネットで販売した方が土地やお店を構えるコストが減りますよね?実店舗が月に家賃で100万かかるとしたら、月に売り上げを100万以上達成しないと維持費だけで赤字になってしまいます。もしインターネット上で販売すれば、あなたのホームページ維持費(サーバ台やドメイン等でせいぜい月数千円)ですので、それだけ手元に残るお金は多くなります。

輸送費

transport1

輸送費とは、あなたの商品をお客に届けるのにかかる費用のことです。極端な例ですが、1つ物を売るたびに海外に郵送しなければいけないビジネスそれだけコストが増える原因になります。

集客費

宣伝1

集客費とは、あなたの商品を買ってくれる可能性のあるお客(見込み客とも言います)をあなたのお店に呼ぶためにかかる費用の事です。テレビCMや街角の看板をイメージするとわかりやすいと思います。宣伝費と考えてもいいかもしれません。集客費をかければそれだけ沢山お客があつまるので売り上げが上がる可能性は増えますが、そのぶん利益は下がってしまいます。

ちなみに、集客費を考える場合、以下のような方程式でビジネスを考える事もあります。

売上 = 集客数(訪問数) × CV率(転換率、成約率、購買率) × 客単価

CV率については、また別の機会で紹介したいと思います。

 インターネットビジネスの利点

インターネットビジネス最大を端的に説明すると、コストを増やさず利益をあげやすいことです。著者はこのブログで一貫して、情報発信を中心としたブログやポータルサイトでのアフィリエイトを副業として推奨しています。次回は、その理由について説明したいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*