ブロガーが知るべきドメインの基礎と、ドメインパワーを上げる4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
blog-typing1

こんにちは!
ネットビジネスで月収+100万を目指してる管理人です。

今回は、ブログ作成において必須知識であるドメインの基礎と、ドメインパワーについて説明をします。

ドメインとは、あなたのブログの住所

ドメインをわかりやすく説明すると、あなたのブログの住所です。管理人が運営しているこのブログ「ネットビジネスで月収100万を目指すサラリーマンのブログ」 でいえば、tech-up.jpがドメインに該当します。

domain3

URLとは、住所 + 部屋番号

URLはUniform Resource Locator(規格に準拠する情報源の置き場所という意味)の略で、Webページのアドレスを表す文字列のことです。住所(アドレス)の構成については、以下のような仕組みになっています。

URL1

ドメインは住所と説明しましたが、このブログの記事のアドレスバーと見ると、上記図のようにhttp://tech-up.jp/blog-what-is-domain1となっていますよね?つまり、ドメインはあなたの持ち家(マンション)の住所を表し、URLはマンションの各部屋番号まで含めた住所と考えるとよいでしょう。

domain-url1

独自ドメインとは?

ブログアフィリエイトの記事で見かける独自ドメインという言葉は、ブログ管理人が自身で取得した、ブログ管理者が保有するドメインの事をさします。

もしこのブログをアメブロで開設した場合、ブログのトップページのURLはhttp://ameblo.jp/tech-up.jpとなります。このURLをよく見ると、ドメイン部分はameblo.jpとなってます。つまり、ドメインの持ち主はアメブロ運営会社です。アメブロで作成したブログはいわば、アメブロ運営会社が保持している大規模マンション(ameblo.jp)の中の一部屋、という扱いなのです。

original-domain1

original-domain2

これと対比する言葉として、例えばこのブログのtech-up.jpのような管理人が自身で保有、運用しているドメインを独自ドメインと呼びます。ドメインとはそもそも世界で常にユニーク(同じものが存在しない)なものであり、独自という単語が適切かは異論の余地がありますが、ようは自分で保持しているドメインか否かという事です。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、Google(検索エンジン)からどれだけ評価されてるかを示す指標です。ドメインパワーが強いと、以下のメリットが得られます

  • 1:インデックス(Googleのクローラによる登録)がされやすくなる
  • 2:検索上位に掲載されやすくなる
  • 3:アクセス数が伸びる

例えば、同じような婚活関連の記事を書いたサイトAとサイトBがあり、ドメインパワーがBの方が強いとします。この場合、新たに記事を公開した場合に、サイトBの方がより早く & 上位に検索に引っかかるようになります。結果としてアクセス数が伸びます。キーワード選定などのSEO対策は全て、ドメインパワーをあげてGoogleからの検索流入を増やすためです。

参考:ブログアクセスが倍増!効果的なSEOを行う為のキーワード選定と4つの注意点

独自ドメインは持ち家の不動産と同じ

ドメインはインターネット上の不動産だと私は考えています。リアルの不動産と違うのは、購入当初は評価額が0(ドメインパワー)な事です。ドメインパワーが0のうちは何も生み出しませんが、ドメインパワーが成長するに従って、存在するだけでインターネット経由でユーザのアクセスを集め、アドセンスやアフィリエイト等の広告事業による不労所得を生み出せるからです。また、ドメインはあなたのものですので、失ったりする事はありません。

blog-domain-house1

これが無料ブログで付与されるようなドメインだと話が違ってきます。アフィリエイトを無料ブログサービスで始めるのをオススメしない3つの理由で説明しましたが、無料ブログで手に入るドメインはサービスの運営方針次第で記事やサービスが丸ごと消える可能性があるからです。

* ちなみに、実際に世界でこれまで一番高価なドメインの売買取引は1300万ドル(13億以上!)です。ドメインは売買も可能であり、ドメインパワーをつけたドメイン(存在するだけで集客ができる)にはそれだけの価値があるのです。
http://blog.btrax.com/jp/2015/02/08/domain/

ドメインパワーの増やし方

ドメインの基礎についての説明は終わりです。では次に、実際にあなたのブログのドメインパワーを増やすため行うべきことを4つ紹介します。

記事をたくさん更新する

Googleが評価するのは、そのサイトの「実績」です。実績とは、「質の良い記事を沢山更新し、ユーザに価値のある情報を提供すること」です。出来るだけたくさんの記事を書いて、Googleにこのサイトは”信用出来るサイト”だというアピールをしなくてはいけません。そうすることで、数か月経つとGoogleが認めてくれるようになりドメインパワーが急激に上がりはじめます。

blog-domain-power1

もちろん、ただ記事を量産すればよいだけでなく、記事の質も内容も伴っていなくてはいけません。Googleは毎日プログラムで世界中のウェブサイトを巡回しており、人口知能を用いてブログ記事内容の質を評価していると言われているからです。

目安として、1記事で最低1000文字を目指すとよいでしょう。ただし、ただ文字数を水増ししたような記事は禁物です。Googleのプログラムは賢く、意図的に文字数を水増しされた記事を保有するドメインの評価を下げる事があるからです。

ブログの「専門性を高める」

例えば、サイトAとサイトBがどちらも同じ質と文章量、キーワードを使い日本の婚活事情についてのまとめをを記事にしたとします。サイトAが雑記ブログなのに対しサイトBは婚活事情に特化したブログの場合、当然”婚活 日本”といったキーワードで検索した際に上位表示されやすくなります。

blog-tokka1

つまり、特定テーマであるキーワードで検索上位を狙いやすいということです。ブログを運営をする際は、できるだけ「ジャンルに特化」したほうが、ドメインパワーが上がり、Google検索時の上位表示という意味では結果を出しやすくなります。

ユーザの滞在時間を伸ばす

あなたのブログ上でのユーザ毎の滞在時間が伸びると、ドメインパワー(Googleからの評価)が上がります。なぜなら、滞在時間が伸びる = ユーザーが求めている情報に一致している質の高い記事 とGoogleが解釈するためです。

ユーザの滞在時間を伸ばすための具体的な戦術は、ユーザのページ滞在時間を伸ばす4つのSEO対策で紹介していますので、よかったら参考にしてください。

被リンクを増やす

被リンクとは、自分の書いた記事やブログのURLが他のサイトからリンクされることを言います。質の良い被リンクが多いサイトほど、”評価されているサイト”という判断をGoogleがするため、ドメインパワーが上がりやすくなります。

これは元々、Googleが検索エンジンを開発した際に、学術論文における引用の思想を背景にしていたからだそうです。アカデミックの世界において、質の高い論文は他の研究者に参照されることも多く、多数の論文に引用されます。つまり、被引用が多い論文は良い論文であると考えられます。Googleの被リンクによる評価方法はこの思想に基づいており、他サイトからたくさん参照されてるサイトのUR = 質の高いサイトと評価されるのです。

blog-domain-power2

被リンクを増やすには、ともかく「ユーザーの為になる質の高い記事を書く」しかありません。かつてはブラックハットSEOと言われる、お金で被リンクのバラマキ(ダミーサイトから、評価を上げたいサイトに向けて大量のリンクを貼り、評価を上げる方法)が流行った時期がありましたが、現在ではGoogleのアルゴリズムが進化しておりこの手の手法が通じなくなっています。

現在だと、FacebookやTwitterなどソーシャルメディアで流行った記事があちこちのブログやニュースサイトで引用され、結果被リンクされるというのが一般的な被リンクの増やし方です。なので、ソーシャルメディアでウケそうな記事を作成するのは、被リンクを増やしドメインパワーを上げる上では有効な戦術となります。

ブログで稼ぐなら独自ドメインの取得は必須

今回は、ブログを構築する上で必須知識となるドメインの基礎およびドメインパワー、ドメインパワーの上げ方について解説しました。ドメインパワーを中長期的に上げるには独自ドメインが必須です。是非、ブログで稼ぐ事を目指している人でまだ独自ドメインを持っていない方は、これを機会に検討してみるとよいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*