モノではなくノウハウを売れ!情報を売るビジネスがなぜ副業に向いているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
information1

こんにちは!
ネットビジネスで月収+100万を目指してる管理人です。

今回は、モノではなくノウハウを売るビジネスがなぜ副業に向いているのかを説明します。

モノを売るのではなく、ノウハウを売れ

例えば、あなたが本業でケーキ屋で働いているとしましょう。インターネットを利用して副業をするとして、あなたがするべきビジネスはどちらでしょうか?

  • 1:販売用のサイトを開設し、手作りのケーキを売る
  • 2:ケーキの上手な作り方や、ケーキ屋への効率的な集客方法のノウハウを売る

先に正解をお伝えすると、正解は2番のノウハウを売る事です。もしあなたがケーキを作る事が得意なのであれば、1をまず考えるかもしれませんが、これは間違っています。この理由を説明します。

ビジネスのキモは利益率の高さ

money-1

どんな副業でもお金を稼ぐのは全てビジネスです。ビジネスをおこなう上で大事なのは、売り上げと利益を区別する事です。売り上げが仮に毎月100万あったとしても、それを生み出すのに毎月99万円かかっていたのでは、手元に残るお金は1万だけです。このようなビジネスは大量生産、大量販売ができ規模の経済が働く大企業であればアリですが、副業 x 個人で行う事をあなたが考えているのであればオススメしません。

* ビジネスを考える上での収益モデルについては、以前の記事、ビジネスを考える上で大事なたった一つの方程式とはを参考にしてみてください。

物販は失敗のリスクが高い

ここでケーキの例に戻ります。インターネットでケーキを売るとしても、当然最初は宣伝もしていないし固定客もいません。ですがケーキを作る為には事前にケーキを用意しておく必要があります。また、ケーキを作るには最低でも原材料が必要です。

cost_1

ここで大事なのは、何個売れるかわからないケーキを事前に作っておく必要があるという事です。もちろん全部売れればよいですが、売れなかったケーキは在庫となります。さらにケーキは日持ちもしないので、在庫になった商品はそのまま廃棄処分となり、材料費を一銭も回収できないままです。つまり、赤字のリスクが高く、利益を出すのが難しいのです。

また、ケーキは一度売ったらその商品はなくなってしまいます。次の売り上げをあげるには、また材料を仕入れ、ケーキを作らなければなりません。つまり、売り上げを維持するために、あなたが働き続ける or 人をお金で雇ってケーキを作り続ける必要があります。

なぜノウハウを売るビジネスが優れているのか

では、次にケーキ(物)を売るのではなく、ケーキの作り方(ノウハウ)を売る場合を考えてみましょう。

利益率が高い

growth1

一番の違いは、利益率の違いです。ノウハウを売るビジネスは利益率が異常に高いです。なぜなら、原材料費や仕入れ費がかからず、売上がほぼそのまま利益になるからです。また、仕入れなど面倒な作業が存在せず、自分の知識だけで勝負できます。その上、そのオリジナリティが高ければ高いほど競合は真似できません。もしこれが物販であれば、利益は全体の売上から商品を仕入れた値段(原材料費) を引かないといけません。またお客へケーキを届ける物流コストもあります。

一度作った商品を何度でも売れる

office-1209640_1280

ケーキのように売ったら終わりの商品と異なり、例えばケーキ屋への集客のノウハウという商品はなくなりません。つまり、一度作った商品を何人の人にも売る事が可能なのです。当然ビジネスの変化と共にあらたな手法が生まれてきますし都度あなたの知識をブラッッシュアップしていく必要がありますが、少なくともケーキを毎日作り続けるよりよっぽど楽です。

つまり、一度販売経路を確率できれば毎日頑張って働かなくても利益を出す事が可能になるのです。

本業で得た知識を活かせる

パターン1

もしあなたが普段サラリーマンないしは本業と呼べる仕事をしているのであれば、何かしら得られる仕事のノウハウというものがあるはずです。こんな情報ニーズあるのかな?と不安になるかもしれませんが、そのノウハウを必要としている人は必ず世の中に存在するのです。また、そのノウハウにオリジナリティがあればあるほど、それはすなわち他者が真似しづらくあなたのビジネスの競争力となります。

世の中で高給な人は、情報でビジネスをしている人

professional1

副業に限らず、世の中の仕事で高給といわれる仕事は全て、情報でビジネスをしている人です。例えば弁護士や医者、経営コンサルタント、税理士といった職業ががこれに当たります。弁護士は物を売っているのではなく、法律によって弁護するための情報を武器としています。医師は患者の病態を診て、その治療法や適した薬は何であるかなどの情報を売っているのです。経営コンサルティングは「クライアント(会社)を稼げるようにする」とい情報を売っているのです。

物販ビジネスを個人でひらくと悲惨な未来が待っている

貧乏1

今回の記事では、「物販がなぜ稼ぎにくいか」と「ノウハウを売る情報ビジネスがなぜ儲かるか」を説明しました。ただし、物販ビジネスでも物凄く稼いでいる人がいる事も事実です。(特にインターネットを利用してビジネスを展開している人)。そのため、全く稼げないというと嘘になりますが、物販を始めた人の9割以上が赤字経営ののち借金まみれになっている事は知っておくとよいでしょう。

副業で生活をラクにすることを志すのであれば、ぜひノウハウを商品とした情報ビジネスを初めてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*