神キーボードHappy Hacking Keyboardで作業効率10倍アップ!パソコン操作爆速化のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

筆者はプログラマという職業柄ほぼ全ての時間をパソコンと向き合っているわけですが、おそらく現代に日本人のほとんどの方はパソコンでの業務が大半を占めるのではないでしょうか?パソコンの操作効率を上げれば、それだけ業務を短い時間でこなすことが出来るようになります。

CSSS85_zangyoumonita20131019

マウスを使わずキーボードで操作する事のメリット

パソコンの操作には主にマウスとキーボードを使いますが、筆者はキーボードでなるべく全作業を完結させる事をオススメします!実践するとわかりますが、以下のようなメリットが得られます。

  • 作業が速くなる
  • 作業が正確になる(ミスが減る)
  • 目、肩が疲れない

なぜ作業が速くなるか

例えばある操作を何度も行う作業を考えてみて下さい。マウスでの操作は常にモニタを凝視しなければならないので眼精疲労が溜ります。また、クリック操作で肩、腕に緊張を強いる為、結果長時間の作業においては体に疲労が溜り、結果操作ミスも増え作業効率が落ちます。

それに対し、キーボードでの作業は繰り返し作業に向いています。後述しますが、タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得すれば手のホームポジションを移す事なく素早く操作 & 姿勢を変えずに作業できるので、少ない疲労でミスなく作業が行えます。

ブラインドタッチ ≠ タイピングを速くする事

ブラインドタッチ = タイピングを早くする為の技術、と考えがちですが、重要なのはキーボードに視線を落とさず意図したキーを押せる技術を体得する事だと考えています。キーボード操作を極めれば、Webサイトの閲覧(検索、ページ移動、別タブ移動)やエクセル操作、ファイルの開け閉め、アプリの起動も何でも行えるようになります。ブラインドタッチを習得し、かつパソコンの操作を一通りキーボードで行えるようになると、視線を変えずにほぼ全ての作業を行えるようになり、結果作業も速くなり疲労も溜まりにくくなります。まさにイイコトづくめですね。

キーボード操作実践のコツ

キーボード作業を実践するには、以下の3点が重要です。

今回はショートカット/ブラインドタッチの習得方法については割愛し、3のおすすめキーボードについて紹介します。疲れが溜まりにくく、かつブラインドタッチの取得にも一役買う筆者断然オススメのキーボードを紹介します。

HHK(Happy Hacking Keybord)とは

hhk1

HHKはプログラマ界隈では有名なキーボードでして、タイピングの負担を軽くする為の工夫が随所に凝らされた一品です!以下に公式サイトからのコメントを引用します。

作家にとっての気に入りの万年筆のごとく、音楽家にとっての愛用の楽器のごとく。プロフェッショナルが選び、プロフェッショナルに磨かれて、さらなる進化を遂げてきた高品質小型キーボード
Happy Hacking Keyboard。

なんとも高貴な感じがしますねw、ですが、実際に使ってみるとその効果は抜群です。以下特徴を抜粋するとこんな感じです。

  • ホームポジションを中心にキーストロークが短く、長時間のタイピングでも疲れない
  • 打刻音が気持ちいい。洗練された跳ね返り感覚

このキーボードの特徴は、ホームポジションから極力移動せず全ての作業を行う事に特化している事です。全てのキーをコンパクトに配置し、最上級モデルに至っては矢印キーも廃止しFnキーとの組み合わせで操作を行う少し特殊な操作が必要です。これだけ聞くとハードルが高そうに聞こえますが、決してそんな事はありません!3日もすれば慣れますし、なにより操作時の負担が激減します!

home_positioni

また、このキーボードを使う事で必然的にブラインドタッチ(タッチタイピング)をマスターできる可能性が上がります。特に最上級モデルの無刻印モデルを使えば、結局見ても同じなので配置を覚えるしかなく、半強制的にマスターできると思います
(何より無刻印モデルは見た目がカッコいいですw,道具に愛着持てるとやる気も出ますよ!)

終わりに

今回はパソコンの作業効率を上げる神キーボード、Happy Hacking Keyboard(HHK)を紹介しました!本当にパソコン作業の世界が変わりますので、ぜひ一度試していみる事をオススメします!また、HHKを買うだけでは正直宝の持ち腐れ感もあるので、これを機にブラインドタッチをマスターする事をオススメします。では、皆様よいパソコンライフを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*